La-briller

briller74.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

森の朝


更新がすっかり遅くなりちょっとまのびしてしまましたが
やはり、素敵だったので載せることにしました

テーブルコーディネートを愉しむ旅の朝は4種類のテーブルが用意されました。
どれも素敵で、どの食器で頂こうかととても迷います。

b0192296_384880.jpg


盛り付けも、ガラスの下に落ち葉がはさんであったりとと参考になります。

b0192296_250952.jpg



森と人とに移動してワークショップです。
先生のアドバイスでテーブルの感じがすっきりとします。




b0192296_251219.jpg



森と人とのランチもいつもとてもおいしいです。
チーズのサンドイッチも、こんな風に切ると素敵ですね。
来年も参加しようと思います。


[PR]
by la-briller | 2011-10-17 02:44 | 日々の出来事 | Comments(0)

魅惑のdinner



b0192296_2231165.jpg



「テーブルコーディネートを愉しむ旅」の宿は森の中のホテル
ラ・ネージュ東館です。
昨年もお世話になりましたが、行き届いたおもてなしがとても心地よいです。
私たちの参加した人たちのお部屋は、
それぞれ違ったデザインです、それぞれとても素敵です。




b0192296_2372579.jpg



そして、ディナーが始まります。
本来なら、お料理があってお皿が決まるのですが。
今日は、赤松先生の食器に合わせてシェフがお料理を考えられました。
この銀彩のお皿、そしてボルドーのお皿二つとも昨年も使われていましたが
昨年とは違った組み合わせです。
合わせ方を変えると全く違った物に見えます。
これが、お皿を揃えるときのこつなのだなと思いながら拝見していました。
そして、先生は今年のテーブルコーディネートは、引き算をしましたと話されました。
ドームでのコンテストも、だんだんコーディネートが過剰になり
本来の食事をする為のテーブルの意図が変わってしまってきていると。
今回のテーブルは最初、何だか物足りない様な、少し寂しい様にもおもいましたが
今まで見えなかったものが見えてきました。
そして、お皿にお料理が盛られると、十分華やかなテーブルです。






b0192296_228248.jpg



アミュユーズのフォワグラのマカロンとブロッコリーのシュー
今までの経験のマカロンとシューを思うと、え?と思いましたが
ひとたび口に運ぶと、「あ~、美味しい!」
ここから、至福の時と苦悩の時が交互にやって来ます(笑)




b0192296_2283334.jpg



赤座海老とアスパラガスのシャルロット仕立て セップ茸のソース
安曇野野菜のガルグイユ
お皿はお料理が入ると表情が違ったりします。
今回一緒に参加されたsさん親子のyちゃんお料理を一口お口に運んでは
「美味しい!あ~ どうしよう、どれを連れて帰ろうかしら!」




b0192296_2285283.jpg



北陸産小鯛の白ワイン蒸しとサフランのリゾット グエルモットソース
白と黒のお皿に盛られました。
黒と白のペッパとソルト入れも可愛いですよね。





b0192296_2293214.jpg


洋ナシのシャーベット
ショコラのムース マロンピュレ
ヘーゼルナッツのアイスクリームとともに
お料理はどれもおいしかったです。
明日の朝食も楽しみです。





[PR]
by la-briller | 2011-10-15 02:23 | 日々の出来事 | Comments(0)

選び抜かれたテーブルウェアーたち





テーブルコーティネートを愉しむ旅

b0192296_33979.jpg


赤松純子先生のテーブルウェアーコレクションが
8月5日~10月2日まで 白馬リゾートのアートカフェ 森と人とで開催されました。
そして今年もテーブルコーティネートを愉しむ旅に参加」させて頂きました。
これは今年の新作のウエアーでのセッティングです。



b0192296_3113067.jpg


秋の夜長、家族の楽しそうな会話が聞こえて来そうですね。



b0192296_3142014.jpg



憧れのテーブルクロス。
テンションがどんどん上がってきて、皆さんワー、キャー。
「ねね、これ見て素敵~!」と言いながら、あっと言う間に時間が過ぎていきます。




b0192296_315534.jpg



ボルドー色のディナー皿、今年は新作のリモージュの白磁のお皿と合わせてありました。
キャンドルも、ロケア(植物)とのアレンジとても素敵です。





b0192296_241221.jpg



welcome tea です。
このケーキと~っても美味しいんです。
素敵なテーブルクロスで美味しいケーキが頂けてとっても幸せな時間です。


[PR]
by la-briller | 2011-10-13 23:01 | 日々の出来事 | Comments(0)

嵐山




清水寺

b0192296_2273837.jpg


二年坂 つまずくと二年以内に死ぬと言われる怖~い坂
つまずかないように慎重に坂を歩きました
気を付けなさいと言う意味が込められているそうです
店番をする名物ワンちゃんにも逢いました
三年坂では「うちのは手作りで、これがほんまの八つ橋どすえ。」と仰るお店で
この時節の栗と餡を包んだ八つ橋と生八つ橋を購入しました
生八つ橋は「硬くなったら火であぶっておくれやす。」
と書いてありましたが、あっさりしているので炙る必要はありませんでした(笑)



b0192296_1483987.jpg



竹林の道です
二度美味しい道を選択、天龍寺を拝観し北口から竹林の道へ出ます
風が吹くと笹の葉の囁きが聞こえ、自分だけの想像の世界へとみちびかれます
トロッコにも乗りたかったのですが今回は時間的に断念しました





b0192296_1492027.jpg




時は少し変わり
ここは元禄二年(1689年)創業の京の麸屋の半兵衛麸です
牛若丸と弁慶の五条大橋の袂に位地します
湯葉と生麩尽くしのお料理を頂いてまいりました
生麩の田楽 揚げ出し 白みそのお吸い物 
湯葉の揚げ物 などなどを頂きました
お庭や、タイルで市松模様のテーブルなどもとても素敵です
京都を満喫させて頂きました。


[PR]
by la-briller | 2011-10-02 02:24 | 旅行

京都



京都を歩いて参りました。


b0192296_12515564.jpg



車での京都の旅は今まであまりなく
大原には一度行ってみたいとかねがね思っておりました。 
大原には温泉も出るらしく、露天風呂や露天風呂付きの宿もあるようです。




b0192296_271196.jpg



一口で大原と言ってもとても広くお寺が散在しています。
私たちは、念仏寺の方から三千院に向かいました。 

b0192296_2131443.jpg


三千院からさらに行くと、宝泉院でその道中そしてお庭が特にきれいでした。
紅葉にはまだ早かったのですが、その頃は綺麗な事でしょうね。

b0192296_282130.jpg


鞍馬、貴船方面に向かい
貴船神社に立ち寄りました。
貴船神社までの途中30メートルもあるような何の木でしょうか?木に囲まれ
その昔牛若丸が鞍馬の山の木々の上を神業としか思えないように渡り歩いたと
言われた光景を想像しました。
貴船は川床料理でも有名のようですね。
清流の水面より数十センチに床を張り出し、川のザーと言う音を聞きながら食事
雰囲気もとても素敵です。
お値段もかなりしっかりしていますが
次回は川床料理を食べに貴船に来たいと思います。


b0192296_214313.jpg



車をホテルにおいて電車JR伏見駅で降りると
そこが伏見稲荷大社
ここも初めてで「千本鳥居」を見たくてわくわくです。

b0192296_294456.jpg



大きな鳥居をくぐり抜け、小さな鳥居に
千本鳥居ですが、万本はあるそうです。
「わ~!」と上を見ながらくぐり抜け
終点と思ったら、何とそこが起点となっていてびっくり!
お山めぐり、4キロ 所要時間 約2時間
知人が鳥居は、最後まで行かないと駄目よ!
最後まで行くととても綺麗なところに出るから、最後まで通り抜けてね。
の意味がようやく分かりました。



[PR]
by la-briller | 2011-10-02 01:49 | 旅行 | Comments(0)

出逢いを大切に心に響いた事を綴ります


by la-briller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite