La-briller

briller74.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

七夕の思い出




今年は雨でしたね


b0192296_2251314.jpg




七夕をテーマに
アザランで天の川を描き
黄色のズッキニーで三ヶ月を、オリーブはアバター
フィナンシェで短冊をイメージし
七夕の名のお紅茶でテーパーチィーが始まります。
ここに集われる方々は皆
文学、哲学と色々な分野で精通していらしゃる方ばかり
私は、、ついていくのに必死てすが
皆様のお話を楽しませて頂いております。



b0192296_226471.jpg




水引の七夕飾りに見とれているうちに
お話は梶の葉に移っていました。
梶の葉ってどんな形なのかしら?七夕とはと言うお話が続き
私も後で調べてみました。
「梶の葉」は、信州の一宮である諏訪大社の神紋としても有名だそうで
梶の木は平安の時代から神聖な木とされ、神社の境内に植えられることが多く、
神事に用いられたり、供え物の敷物に使われたりしていたそうです。
昔は、短冊ではなく、梶の葉の裏にへらで願い事を書いていたそうです。
金沢、石浦神社では、多羅葉(たらよう)の葉と割箸が用意してあり、
割箸で葉っぱの裏に願いごとを書く様です。
来年は、石浦神社の多羅葉の葉に願い事を書いて、お願いしなくては。




b0192296_2323170.jpg



お茶会の後は、オペラ鑑賞
今回は、ドン ファンの ドン ジョバンニー





b0192296_230714.jpg



画家の田井先生が、七夕の日の為に描かれた作品の四艘の屏風です。
この屏風を置かれたつば甚の窓から、同じ風景が眺められます。
油絵の屏風、音だけを聞くとミスマッチの様にも思えますが
歴史あるつば甚の和室にぴったりとマッチして素敵です。




b0192296_2395874.jpg



七夕のお軸
初代寒雉の鶴首
さすがつば甚 ゾクっと本当にうっとりします。




b0192296_2534210.jpg



お刺身に梶の葉で葉蓋
菊南瓜で蝶の細工
地から天に昇れるのは蝶とカラスだけだそうです。






[PR]
by la-briller | 2011-07-10 02:25 | 日々の出来事 | Comments(0)

復興支援



何度めの訪れでしょうか。

b0192296_335222.jpg



先日、鶴来のT&Tに友人と共に伺いました。
「まあ~ あなた、今年はどうしてこんなに遅いの!」
と言われて、お出迎え頂きました。
仰られる様にもう初夏 薔薇のピークは過ぎ 一季咲きのお花はすでに終わり、
四季咲きのお花だけがさいています。
とは言え、やはりすばらしい。



b0192296_336638.jpg




今年で、4回目の春になりますかしら?
こちらのお宅の薔薇とご夫妻にに魅せられ、春、秋と訪れることもあります。
今年、新しく増やされた薔薇です。
綺麗!



b0192296_339435.jpg




マダムの薔薇ジャムのケーキも楽しみの一つ
山本長左さんの南蛮のお皿で頂き、より一層美味しさが増します。
長左ファンのKちゃん大興奮です。
年々T&Tを訪れる方も増え、この時期大忙しのご夫妻ですが
今回時期が少し外れ、かえってゆっくりとお話を楽しむ事が出来ました。
反応の早いKちゃんにのせられ、御主人の駄洒落も大炸裂!


b0192296_3412380.jpg



輸入食器などを少し扱われている御主人、人形作家の奥さま
今回は、御友人にも頼まれ雑貨も安く入れられ、
売り上げの一部を義援金にされています。
私は、この置物を購入させて頂きました。
不自由で不安な生活を強いられている方が沢山いらっしゃいます。
一日も早く平穏な生活が戻ってくる事を願っております。
「平泉」(岩手県平泉町)が世界文化遺産に登録されたこと
心から嬉しく思います。私も訪れたいと思います。




[PR]
by la-briller | 2011-07-05 03:35 | お花 | Comments(0)

出逢いを大切に心に響いた事を綴ります


by la-briller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite