La-briller

briller74.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

white and pink



1月のT邸salon

b0192296_06334.jpg



2011年今年最初の会です。
今までtea partyと言われてたのを 今年からはsalonと改められました。
salonはフランス語で大広間、応接室の意味
まさに言葉にピッタリの素敵な応接室ですよね。
テーマカラーはwhite and pink
実はmy favorite color
私の好みの色を使って下さったそうです。
感激~です。



b0192296_092226.jpg




ラベンダーを使って
白いふわふわとしたケーキを作りたいのとおしゃっていらして
行って見ると、
こんなに素敵な白いシフォンケーキ(左上)
ラベンダーを練りこんで作られたそうで、
頂くと香りが ふわっとしてきます。お菓子も白とピンクです~。




b0192296_08756.jpg



今回は、アロマのお話をして欲しいとお願いされ
お引き受けはしたものの
人にお話をすることってとても難しいことで
何を話そうかと考えた末
アロマの概念や歴史についてお話することにしました。
概念や歴史についてしることによって
より一層アロマを理解して頂けると考えました。
次の日に「あなたの話を聞いて少し理解がふかまったわ」
とメールを頂き とても嬉しかったです。
当日の朝は雪でしたが
晴れ女の私サロンがオープンする時には
天窓からも日がさしてきて青空が見えてきました。


b0192296_095840.jpg



お話をしたお礼にとTさんのお好きな絵で
Mさんのイメージなんですと言われ絵本を頂きました。
私のイメージはこんなに素敵なんですか。

せっかく取ったアドバイザーの資格
お披露目する機会を作って下さって感謝です。
ありがとうございます。



Tさんのご主人は金沢が誇る画家でいらっしゃいます。
3月2日(水)~8日(火)まで
日本橋高島屋6階美術画廊で個展をひらかれます。
愛をテーマになさった素晴らしい絵画です。
東京に行かれる方、近郊の方
いらして見てはいかがでしょうか。
奥さまの説明と共に田井の世界
に引き込まれてしまいます。





[PR]
by la-briller | 2011-01-27 00:06 | アロマ&ハーブ | Comments(0)

日本のかほり



b0192296_2220170.jpg



先日つば甚様にて、angeliqueのM先生の主宰の
日本文化を彩る和の香り
が模様されました。



b0192296_22203785.jpg




席入りから始まり、御床拝見をさせていただきました。
御床には銀閣寺の古材で作られた香合
一年の始まり、今年の船出を意味され、また今日の香の会にもピッタリの香合
中には 梅花と言う名の練香が忍ばせてありました。




b0192296_22531562.jpg



何百年もの時代を継いできた玉の香炉
富山県福光町、小矢部川上流で玉が採れ玉盃作りが盛んですが
この玉もその昔福光でとれたのかしらと想像をめぐらせます。 




b0192296_2257182.jpg




つば甚様では、小正月の15日までは紋付き留袖のお着物
しつらえもお正月のしつらえです。
私のお正月のブログに鬼ゆず、炭飾りを紹介したところ
鏡餅は、お正月に神様が家に来られて座る座布団なのだそうですと
知人からコメントで教えて頂きました。
つば甚様のお鏡は4段、
女将に何故ですかとお聞きしたところ
あるエピソードがあり、お軸に描かれていらしゃる方がつば甚にとっては神様で
重ねがさね ありがとうございますと4段になったとのこと。
座布団が4段になったということなのですね。
そして松をつたって神様が家に降りて来られるそうです。

お椀は『あけぼの』
暗い夜から日が昇る
(椀のふちが赤くなっているのが夜明けを意味します)
蓋には松が描かれ お正月使いのお椀ですと、私の前にお座りのお茶の先生に教わりました。





b0192296_22585192.jpg


『聞香』


伽羅  沈香  白檀   
3種の香を聞きます。
優しい繊細な香りを感性を研ぎ澄まし聞きます。
沈香の中でも特に質の良いものが伽羅
とても高価です。




b0192296_2311454.jpg



香合です。
つば甚様では、お料理用の器として使っていらしゃるとか
左中央の大きな写真はぶりぶり
玩具でぶりぶりと引いて遊んだそうです。
このぶりぶりには 色々なサイズを見た事がありますが
何故ぶりぶりと言うのかと、ず~っと疑問に思っていました。


b0192296_2323936.jpg



広瀬由利子先生により 
加賀水引であわじ結びとのし袋の折かたを教えていただきました。
のし袋には、白檀末にゆずの精油をブレンドして包みました。
あわじ結び、とても可愛いです。
水引は本当は奇数なのですが、今回はレッスンで結びやすいようにと2本
家のに帰ってさそく3本で結んでみました。
髪飾りは広瀬由利子先生のお作。
とても素敵ですね。









来る3月26日(土)、金沢の老舗料亭「つば甚」にて
写真家のsalon de imageさん
アロマテラピーのAngeliqueさんと
ライフスタイルコーディネイトのgraceful canonさん
との三者合同での 雛遊びの宴が催されます。

江戸・享保の時代より鍔家に伝わる数々のお雛様、
茶屋町の芸妓さんによる磨き抜かれた艶やかな金沢芸妓の踊り、
つば甚さまの季節感を生かした鮮やかな彩りの特別会席料理を頂き、
加賀百万石の贅をお楽しみいただけます。



申し込みは
nuance de image

angelique

graceful canon 

からお願いします。


[PR]
by la-briller | 2011-01-13 22:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

お正月飾り




b0192296_14165883.jpg


今年もどうぞよろしくお願いします。

心配していた雪もたいしたこともなく、穏やかなお正月でしたね。
皆様お正月はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

お正月のお飾りは地方により違うようですね!
飾り方は違えど、由来は厄よけ、長寿などだいたい同じように思います。

上のお写真は鬼ゆず、直径17、8センチ程あります。
橙、ゆずなどの柑橘系のものは魔除けのいみがあり正月飾りに使うようです。
京都のある有名宿に晩白柚(ばんぺいゆ)を飾ってあるのを見て良いなと思っていました。

年末に近江町を歩いていて鬼ゆずを見つけました。
これでいこう!と パクリといちゃいました。
どうでしょう、なかなか良いと思いませんか?
来年は晩白柚 取り寄せようと思います。



b0192296_1418436.jpg



御鏡もちも紅白ですが、これは金沢だけと聞きました。
小さい時から紅白の鏡餅を見ていたので聞いた時はびっくりしました。
だって、おめでたいのだから紅白、紅白もち 紅白饅頭かな・・・・・。
そういえば、仏壇と神棚に買ってくる真空の鏡もちも、
白2段で変だなと思っていましたがそういうことなのですね。
鏡開きのころにはかびが生え、削ったり水餅にしたりと。

最近では我が家では、御鏡もちの代わりのに炭や俵を飾っています。




[PR]
by la-briller | 2011-01-03 14:17 | ご挨拶 | Comments(0)

出逢いを大切に心に響いた事を綴ります


by la-briller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite