La-briller

briller74.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お料理( 12 )

9月のハーブクッキング

9月に入りました
今月はイベント、講座 自宅サロンととても忙しい月になりそうです
まず初めは北國新聞文化センターのハーブクッキング


b0192296_00261299.jpg

今月は 
ブルーベリーのコーディアル作り
グリーンカレー
ハーブで漬けるピクルス

グリーンカレーは凄い辛いのですが、癖になるお味です。
蜂蜜が、みそかも。

無農薬のエイディブルフラワー御紹介頂き手に入ったので
エイディブルフラワー入りの氷と器を作っておきました。
とっても可愛いくて、女子力アップです。

今回は、文化センターのお教室紹介のテレビの取材が入りました。
前日の夜に 明日お願いします。えぇ〜??

お教室の間中ほとんど ずっとカメラが回っていて、写真撮れなくて 生徒さんに送って頂きました。


b0192296_00263902.jpg

氷の器です。これだけは撮りました。
丁度作ってあり良かったです。

可愛いでしょ〜016.gif


/center>
[PR]
by la-briller | 2015-09-04 00:44 | お料理

ハーブクッキング




4月 北國新聞 文化センターのハーブクキングは和食



b0192296_1794616.jpg




主に和のハーブを使いました
和食はやはり下ごしらえに時間がかかりますね


b0192296_453419.jpg



さよりの香草サンド
春のちらし寿司
海老団子のお吸い物
柏餅
お吸い物の結び飾りは1つで良いかもしれませんね
練習練習してるうちに沢山出来たので


b0192296_495454.jpg



上の写真のちらし寿司
下のちらし寿司
抜型が違うと印象もちがいますね





























[PR]
by la-briller | 2015-04-12 04:08 | お料理 | Comments(0)

豆腐マイスター




これなぁ〜んだ。

b0192296_2391978.jpg



お豆腐の原料の豆達です
とうふの豆の種類がこんなに在るなんて知ってましたか
私は知らなかったです




豆腐マイスター講座を受講しました


b0192296_2591480.jpg



一年前からお申込みしてあった豆腐マイスター講座
色々なアクシデントがあり
やっと 一年越しで 豆腐マイスター講座を受講出来ました
この日は 初めての少人数 そして 初めての大人数のお豆腐屋さんだそうです



b0192296_301222.jpg



お豆腐屋さん?
講座があると お豆腐屋さんが暇を見つけて 自分のお豆腐を持って
講座を見に来て下さるとか
この日は 講座をやってると次から次へと ドアをノックする人がいて
はるの先生も感激! 他にも講座してるのに 独り占め
お取り寄せも含め 色んなお豆腐の食べ比べをしました
お豆腐屋さんも 何やら豆腐会議かしら?




b0192296_2521024.jpg




講座は2日間 1日目は 豆腐編 おから、豆乳編
2日目は 油揚げ がんも編 手作り豆腐編
それぞれ 座学とお料理 実習 試食 と丸二日充実の内容
皆で へぇ〜 そうなんだ 知らなかった 
お豆腐の見方 選び方が変わりました
調理実習に入ると お豆腐屋さんたちがササッと動かれるのにびっくり
やはり 普段厨房にいる方達は違うんだ
しばしお豆腐屋さんの動きに見とれていました




b0192296_2523428.jpg




豆腐つくり、がんも作りと全行程を終えると試験
皆でドキドキ どうしようどうしようといいながら
全員100点で合格 マイスターの称号を頂きました
全員100点にはスタッフの方も驚き 初めてのことだそうです
お豆腐屋さんパワーかな
合言葉は トウフ トウフ トウフッフ〜

金沢で豆腐マイスター講座開きます
今 場所を検討中です
興味のある方参加くださいね







[PR]
by la-briller | 2015-04-10 00:35 | お料理 | Comments(0)

ハーブクッキング




北国文化センター南スタジオ 
ハーブクッキング




b0192296_4134842.jpg





ブーケドガルニを作りました。
今日は、セロリ タイム セイジ ローリエで作りました。
これにほんとうは、ローズマリーも入る予定でしたが
何と持って行くのを忘れてしまいました。
ブーケドガルニは、ハーブを買ってくるのではなく
セロリの葉やパセリの茎お庭で作っているハーブを束ねて作ります。







b0192296_4361613.jpg




今日の献立は ポトフとたらのグリル
ポトフはブーケドガルニを入れて、入れるのと入れないのでは大違い
鱈のグリルはタイムとローズマリでマリネこれは、ドライハーブをつかいました。





b0192296_438711.jpg





フルーツティーのウェルカムティー
お料理とロシアンクッキー
ハーブティーは まだ寒いので
身体が温まるジンジャー、シナモン、ネトルのお茶を入れました。
お教室をしていると、なかなか写真を撮る余裕がなく
写真の枚数も少ないし、アングルも良くない。
早く写真を撮る余裕が出る様になるとよいのですが。
写真は、イマイチでしたが
ポトフ 野菜のうまみも出て美味しく、鱈も好評で良かったです。









[PR]
by La-briller | 2014-02-02 04:15 | お料理 | Comments(0)

季節の果物





甘夏のジャム作りました。



b0192296_2554253.jpg




家で作るとほろ苦く作れるので大好きです。




b0192296_315357.jpg






甘夏 夏のイメージ、7月8月が旬の様に思いますが、今しか出回りません。
4月5月はいちごの季節の様におもいませんか。

皮に付いている白いワタが苦く、本にはワタをしっかり取るとありますが
私は、このワタを取りません。
甘くてほろ苦くてとても美味しいです。
家族は皆、このほろ苦いジャムが大好き。
少し手間がかかりますが、家でしか作れないので作る価値ありですよね。






b0192296_316696.jpg





ジャムと甘夏のケーキを作るのに オレンジピールも作りました。
ジャムは実も入れますが、ピールは、言葉の通り皮だけです。
作り方は同じ。
冷蔵庫で半年位大丈夫です。
今年は、イチゴのジャムより先になってしまいました。













[PR]
by la-briller | 2013-05-01 02:55 | お料理 | Comments(0)

春の息吹



[PR]
by La-briller | 2013-04-28 23:11 | お料理 | Comments(0)

Christmas cake




アロマとハーブとおもてなし
クリスマスサロンが始まっています。



b0192296_1372683.jpg




クリスマスケーキは、このフルーツバスケットのケーキを作りたいと思っています。
このケーキを作るのには、2、3日かかります。
サブレ生地を作り、一晩冷蔵庫でねかし、
中心入るムースを冷凍し組立また冷凍し、又冷凍します。
このてのケーキ お出しするタイミンクを図るのがとても難しいです。
解凍して、テーブルに飾りすぎると形が崩れてきますし
解凍が足りないと、アイスケーキのような感じになります。
今回は形にこだわり過ぎて解凍が十分でなく
これ何、アイス?という声が聞こえました。
十分解凍されていなくても、まあそれなりにですが
皆さんの帰られた後のころが、食べごろでした。
次のサロンでは、もう少し上手にタイミング図れる様に頑張りますね。



b0192296_232667.jpg




今回 雑誌 金沢のインタビューをうけました。
サロンの様子は1月号の金沢で記載されます。
よろしければ、どうぞご覧ください。
インタビューの時は、フルーツバスケット間に合わずチョコレートケーキ
次は、チョコレートでグラサージュしたブッシュドノエル次がフルーツバスケットのケーキ
ブッシュドノエル、デザインは地味ですがなかなか評判良かったです。
一番ラッキーなのはどなたかしら(笑)
[PR]
by La-briller | 2012-12-07 01:37 | お料理 | Comments(0)

ケータリング




イタリアンのケータリングがあると聞き一度体験して見たいとお願いしました。



b0192296_2554538.jpg



シェフがお台所で準備の間
マダムがウェルカムティーの準備をしてくださっていました。





b0192296_2162418.jpg



マダムのブルボン王朝のお話を聞きながら
モカカップにハーブコーデイアルのウエルカムティーをいただきます。
綺麗なカップで頂けてくつろいだ気分になれます。
ハーブも少しずつ浸透してきているようで、嬉しいです。



b0192296_155181.jpg




オーストリア産の太~いアスパラガス
北海道産のアスパラガスも太いですが、
今まで見た中で一番太いかも!
どんな風に出てくるか楽しみです。




b0192296_2591520.jpg



お料理の準備が整い、バル・バールのシェフのブックさんが
ごあいさつに出ていらっしゃいました。
スペインに行ったときに入ったバル 立ち食いの店
食べかすや、使ったナプキンはみんな床に捨てるので
床はゴミだらけ!
イタリアで入ったバール これも立ち食いですが
少しお洒落で、お料理はイタリア美味しかったななど
お店のお名前で 思いだしました。
バルもバールもBAR 同じ意味ですよね。





b0192296_2511775.jpg





まずは、ノンアルコールのスパークリングワインで乾杯
シャンパングラス ステムが長くて美しいです。



b0192296_3142243.jpg





豚とジャガイモのリエット と 生ハム
ワインとあう~!
パテ、テリーヌ、リエットの違いは
リエットは豚肉と野菜を煮込んだ後で具材をミキサーでペーストにしたもの。
パテは肉やフォアグラなどを調味してペーストにしたもの。
容器のままだすとテリーヌ、型から出すとパテです。

赤海老のガーリックオイル煮
ソースもとっても美味しく、トーストのバンでソースも頂きました。
これは、簡単ですとブックシェフは言われますが
よくよく聞くと、特別のソースを入れてある
これは、家では無理!いしるでは代用出来ないかしら?駄目ですね。
先ほどのアスパラはこの様に。
これは、私なりのアレンジ(私にもできるという)して、いつかサロンに出せるかも。

イカ墨のショートパスタとても優しいお味です。




b0192296_3375682.jpg




のど黒のアクアパッツアー
イベリコ豚のマスタード添え
どれも美味しかったです。

レストランでもおうちごはんでもない
家族で何かの大切な日になどに
こんなケータリングはピッタリだと思います。
お値段もリーズナブルで嬉しい。


最後にシェフも一緒にティータイム
紅茶のお話をすると、とても熱心に聞かれてお勉強熱心な方のようです。
最近レストランでプロポーズされたそうで、
指輪をシェフに頼んで、デザートの中に入れてもらったそうです。
素敵!
今日はとても良い体験が出来ました。








[PR]
by la-briller | 2012-11-02 02:11 | お料理

テンパリング




蒸し焼きショコラ


b0192296_2261156.jpg




この可愛いケーキ作りたいと思い参加させていただきました。
定員が3名、何で3名なのかしらと思っていたら残りの1席は先生のお席
3名の生徒さんと同時進行で作っていきます。
同時なので、今まで何となく過ぎてきたところも、今更ながら そうだったんだ!
と気づくこともあり、(何か恥ずかしくて言えないです(笑))とてもよかったです。
蒸し焼きショコラの上にピンククランクをトッピング フランボアーズソースをかけて頂きます。
濃厚な蒸し焼きショコラに酸味のあるフランボアーズソース
そして、カリッカリッとピンククランク とってもおいしいです。
それぞれ別々に食べても美味しく 
特にピンククランクを作って別にしてあると、
ついついカリッカリッとしてしまいます。





b0192296_228198.jpg




テンパリングって知ってますか?と聞かれ
耳にしたことはあるように思いますが何でしょう?
冷水法 いわゆるチョコレートの温度調節の事です。
チョコレートを溶かすのに温度を上げ、氷水に当て温度を下げ
また 温度を上げ、その温度を保ちながらチョコレートにしていく
これが上手くいかないと、チョコレートが白浮きするのだそうです。
チョコレートはトリュフチョコレート以外作ったことがなく初めて知りました。
先生はコルドンブルーでいきなり大量のチョコレートのテンパリングをさせられ
小柄な先生にとってあまりの大変さに、学校を辞めようと思われたそうです。
でも、辞めなくて良かったと話されていました。





b0192296_2295544.jpg




いつもスタイリッシュなかえで先生の
ハートのムースと塩サブレ
バレンタインの話になり、同席したかたが
「チョコレートはチョコレートの価値が分かる人にしかあげられない。」と
本当にテンパリング大変ですものね。
そして 皆さん仰られるのがラピングに時間がかかる事。
なのに男性はクシャクシャと開けてゴミ箱に捨ててしまう。
価値観が違うとはいえ ちょっと悲しいかも!
塩サブレはワインに合うと好評です。







[PR]
by La-briller | 2012-02-28 02:26 | お料理 | Comments(0)

ユーカリヶ丘のお教室




中国料理教室オータニ


b0192296_11555636.jpg



中国料理のお教室にご一緒しませんか、感動するから
とお誘いして頂きご一緒させていただきました。
初めてお目にかかった先生は、
エキゾッチクな雰囲気のある方で
お話しされる口の開け方も日本語のそれとはちょっと違っているような。
何かとても魅かれるものがありました。
先生はご主人の転勤で香港に行かれ、中国料理に魅了され勉強を始められたそうです。





b0192296_1157172.jpg




白菜の芯だけを使った贅沢なスープは
白菜の甘みが引き出された優しスープで体に良いって感じです。
命のスープ
と、名づけ友人はその場でフェイスブックに投稿。
まさに命のスープという名がピッタリです。
塩麹を使った豚ヒレの香り焼き
天使のえびと春雨の煮込み鍋、どれも感動のお味でした。




b0192296_11585573.jpg





塩麹を作るために麹を丁寧にほぐされる先生の手は
愛しみにあふれていて
この方の手にかかると何でも美味しくなるんだろうなと感じます。














[PR]
by La-briller | 2012-02-27 11:56 | お料理 | Comments(0)

出逢いを大切に心に響いた事を綴ります


by la-briller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite